対話セッションは神戸、大阪、京都等カフェでも行います。また、ボディワークは北野町NaturalPathにて。

これまで、対話セッションも、ボディワークも原則、北野町NaturalPathで行っていましたが、交通の利便性の観点から、対話セッションは神戸市内または関西主要都市(大阪、京都)のご利用いただきやすい地域のカフェ等で行うことにしました。よりご利用いただきやすくなった機会をご活用ください。

 

また、北野町NaturalPathは周辺環境もよく、事務所内もCleaningを心がけていますので、セッションの場所としても快適です。ご要望の方は対話セッションの場所として今後もご利用いただけます。

0 コメント

スターピープル61号掲載のお知らせ

株式会社ナチュラルスピリット様から11月30日発行予定の「StarPeople」誌61号に、当スペース主宰によるエッセイと”NATURAL PATH”の紹介記事が92~93ページに2ページに渡って、見開きカラー記事として掲載されます。

 

今回の記事作成にあたって編集の方には、わたしの書き上げた記事にぴったりのデザインに仕上げていただきました。各章を散文詩のように配置していただき、背景からレインボーの光で照らされています。

 

大見出しのテーマも「ハートの光を見出し、ノーマインドで生きる」と、とてもクリアーな表現を提案いただいて、個性的な紙面のなかでもとても印象的な仕上がりになりました。

 

* * *

  

本記事の掲載にあたって、サポートいただいた皆様、そしてStarPeople編集部の皆様にお礼申し上げます!

 

0 コメント

お知らせ!

1.2017年、amebaブログに注力して書いていきますので、ご覧ください→amebaブログのページ

 

 

 

 


提供メニューの紹介

対話セッション

・対面による対話型セッションです。神戸、大阪、京都のご利用いただきやすい場所のカフェ、またはNaturalPathスペースでお話しを「フォーカシング」「傾聴」などのカウンセリング形式でお聞きしながら、ネイティブの人々がCleaning’清め’と呼んでいた技法を援用し、クライアントの抱える問題をリリースしていきます。これによりクライアントの平穏の感覚が深まり直観的で率直な生き方へと誘われていきます。本セッションは一般的な心理カウンセリングより深層部へのフォーカスを包含しています。

 

・Cleaning’清め’とは個人の潜在意識層、さらにはより深層の普遍的意識層に向かって、問題となる意識の痛みを手放す技法、祈りであって、NaturalPath主宰が20代のころから、ネイティブアメリカン等との交流を通じて15年あまりに渡って触れてきた伝統的な瞑想と祈りのプロセスです。

 

→詳細ページへ


LocationalCleaning(地域、土地、不動産のCleaning Process)

・Cleaning’清め’を土地に対して行うことは東西で広く行われてきたものです。現在でも土地に対するSpritualな働きかけはネイティブピープルたちによって実践されています。

 

・本来、これらは建築や土地関係の決まりきった儀式という以上のものがあり、またいわゆる土地の霊的な歴史・因縁などの解消のような日本的文脈に限定されるものではなく、全体性(Wholeness、タオといってもよい。)と地球/大地と人間との調和を瞑想と祈りを通してもたらしていくシンプルな行為です。

 

→詳細ページへ


Body Work+EnergyCleaning

・ボディワークを行いながら、Cleaning'清め'を行っていくものです。

感情的な痛みやトラウマは特定の身体部分と関連づけられ身体内に保持される傾向があります。そこで、身体に直接働きかけることでより深いリラクゼーションがもたらされることも相まって、Cleaningをより深く行うことができます。

 

・ボディワーク技法はおもに瞑想的なボディワークテクニークであるArunConsciousTouchをベースとし、Cleaningを伴いながらセッションを行っていきます。

 

Cleaning’清め’とは個人の潜在意識層、さらにはより深層の普遍的意識層に向かって、問題となる意識の痛みを手放す技法、祈りであって、NaturalPath主宰がネイティブアメリカン等との交流を通じて15年あまりに渡って触れてきた伝統的な瞑想プロセスで、きわめてボディワークとの親和性が高いものです。

→詳細ページへ

 


Healing Herbs(Bach Flower Essences)

・クライアントの現在の状況に適切なフラワーエッセンスを選択・調合してお渡しします(後日、配送)。

・フラワーエッセンスとは、イギリスの医者、ホメオパス、王室医であったDr.Edward Bachが開発したバイブレーショナル・メディスン(現代科学では認知できていない微細な波動によるもの)であり、自然界の魂の顕れといえる花に共振していくことで魂の健康を回復し、そこから身心のバランスを取り戻していこうというものです。

・ネガティビティ(陰や問題)に着目し、そこを何とかしていこうという観点よりは、自分の中のどのように自分らしく生きるか?自分の内なる価値とは何だろう?と光を見出し、そこから自然と問題が手放されていくあり方にBachEssencesならではの魅力があると考えています。

数あるフラワーエッセンスのなかでも、最も品質が高く、本質的な働きをするHealingHerbs社ブランドのものを使用します。

(※フラワーエッセンスは医療ではありません。ご自分の身心を振り返り本来の自己感覚を回復するために使うものとしてご認識ください。)

 →詳細ページへ